検索

3人の子育て中のママが選ぶおすすめ絵本 0~2歳編


「子どもが好きな絵本てなんだろう?」、「せっかく買っても読んでくれなかったらだどうしよう?」絵本選びって悩んでしまいますよね。


2歳、4歳、8歳の男の子の子育て中のママが自身の子育てを振り返り、子どもが大好きだった絵本をご紹介したいと思います。

◎0歳児



「いない いない ばあ」松谷みよ子/文 瀬川康男/絵 童心社

長男が8ヶ月くらいから読みはじめ、3人とも大好きでした。いまだに次男と三男は喜んで見ています。絵の表情が面白いのか、ケラケラ笑って読んだ時期もありました。お話も繰り返す感じなので字の読めない4歳児が2歳児に読んであげたりもしています。

「じゃあじゃあ びりびり」まついのりこ 偕成社

絵も言葉もシンプルで小さい赤ちゃんでも結構集中して楽しんで見てくれます。絵がカラフルで色の組み合わせもおしゃれだなと思います。厚紙のボードブックなので一人で読むようになってからも安心して楽しめます。 このくらいの時期は、ストーリーも絵もシンプルなものが良さそうですね。我が家では0歳児の頃は数冊を何回も読んでいました。1~2歳前半くらいまで楽しめると思います。


◎1歳児



「めくって ばぁ!」いりやま さとし 学研


「だーれだ だれだ!」きむらゆういち 小学館


1歳半くらいになると自分でページをめくって読んだりしてました。これらの本に限らず何か「しかけ」のある絵本が良さそうでした。「めくってばあ!」は、めくるのがフェルト生地なので簡単にめくれて良かったのかなと思います。


また、この年齢ではページが分厚い厚紙で出来ているボードブックである事をポイントとして選びました。ペラペラの薄い紙でもいいですが一人で読んでいる時に破ってしまう事もあるからです。



「わにわにのおふろ」小風さち/文 山口マオ/絵 福音館書店

絵本を破らないのであればこちらもいいと思います。次男の1歳の誕生日に子育て中の弟にプレゼントしてもらいました。保育園でよく読んでいて大好きだったそうです。うちの子たちも大好きで、対象年齢は2歳からですが、1歳後半辺りから読んでみてもいいと思います。三男は、1歳後半頃は一緒に読んだり一人でも楽しんでいて、2歳になった今はワニがお風呂に入って消えると「いなーい」と毎回反応して楽しそうです。



「しろくまちゃんのほっとけーき」わかやまけん こぐま社 ホットケーキをつくる過程が可愛く表現されていてお料理に興味をもってくれたらいいなーと思い購入しました。ある教育評論家の方は最後のお皿洗いするというところが片付けの教育に良いと仰ってました。でもそれを抜きにしたって楽しめる絵本です。主人公の名前を息子の名前に変えたりして楽しんでいました。

◎2歳児


「はじめてのことば100」ポプラ社

発達状況にもよりますが、2歳前後あたりに言葉を爆発的に習得していく時期に入ります。言葉がでてきたり、物を指さして何か言い始めるくらいの時期に読むと楽しいと思います。一人でも結構集中して読んでました。



「いきものずかん」成美堂出版

こちらは対象年齢が3歳からにはなっていますが、動物に興味があればとっても楽しめると思います。保育士さん曰く、写真が子どもの興味を引くそうです。とっても見やすい図鑑です。絵本ではないですが、子どもが一人で集中しているのでいいなと思いました。親子で一緒に見るのも楽しいです。



「きんぎょがにげた」五味太郎 福音館書店

これもみんな大好きでした。何度も読んで金魚がどこにいるか知っているのに「いた!」と私に伝えるやりとりが楽しかったみたいです。どの子もそれぞれの時期におんなじような反応をしてかわいかったな~としみじみします。


「ノンタンぶらんこのせて」キヨノサチコ 偕成社

こちらも3人揃って大好きでした。みんな何度も何度も読みました。10まで数える場面があって、このおかげで数をすんなりと覚えられたように思います。絵本の大きさやお話の長さも丁度よく、親も気軽に読める1冊です。4歳の次男は今でも時々読んでといいます。



「とらっく」バイロン・バートン 金の星者

これは三男に大ヒットだった絵本です。一時期毎晩読んで、この本のおかげでトラックという言葉を覚えました。これ以外にも、「ひこうき」や「ふね」などもあります。絵もシンプルでおしゃれです。1歳後半くらいからでも読めると思います。乗り物が好きな男の子にはたまらないんでしょうね。 思い起こすと他にもまだまだありますがキリがないのでこのあたりで。 絵本選びに困ったらこちらのサイトが非常におススメです ↓↓↓ 絵本ナビ:ttps://www.ehonnavi.net/ehon01_top.asp テーマや年齢別からおすすめ絵本を選べます。レビューがあるのもいいです。 そのままネットで購入もできるそうです。 末永くお付き合いできる絵本たちと出会えますように。