検索

絵本の読み聞かせについて


なぜ絵本なのか?

スマートフォン、テレビ、ビデオ。現代の子どもは、何もしなくても受け身で楽しめる世界がたくさんあります。そんな姿にモヤモヤしたり疑問をもつ保護者の方も多いのではないでしょうか。絵本は受け身では楽しめない、子ども自身が能動的に楽しむ世界です。

美しい絵と美しい文章。絵本の言葉は、生活の言葉では体験することができない文学言葉が並んでいますます。そして表情豊かな絵がたくさん散りばめられている絵本は子どもたちにとっての美術館とも言えるでしょう。見たことのない色やもの、風景に触れることで子どもの脳は刺激されて、感情や感性が豊かに育まれていきます。新しい世界観に連れて行ってくれる素敵な時間の入り口なのです。 更に大好きな人が読んでくれる絵本の時間は、コミュニケーションの力、人と共感する喜びを育て、絵本を通して子どもたちは人間として生きていくためのあらゆることを学んでいくのです。